News Release

インテリジェント ウェイブと大日本印刷 クレディセゾン関西ユビキタス向けに統合セキュリティシステムを開発 -物理的なセキュリティと情報セキュリティの融合を実現-

2008/06/23 10:00
株式会社インテリジェント ウェイブ(本社:東京社長:山本祥之 以下:IWI)と大日本印刷株式会社(本社:東京社長:北島義俊 以下:DNP)は、クレジットカード会社の株式会社クレディセゾン(本社:東京 社長:林野宏 以下:クレディセゾン)の関西ユビキタス向けに、ICカードと各種セキュリティ機器、システムなどを組み合わせた統合セキュリティシステムを開発し、本年9月に提供します。

この統合セキュリティシステムは、SSFC(*)仕様のICカード社員証と連動した入退室ゲートや監視カメラなどのセキュリティ機器による物理的なセキュリティシステムと、社員番号情報と連携可能なパソコン制御ソフトおよびネットワーク関連の情報セキュリティシステムとを統合したものです。
IWI とDNPは、これまで企業提携により、共同でオフィスセキュリティの強化・運用に向けたコンサルティング、および関連機器とソフトウェアの提供を進めてきました。今回のクレディセゾン関西ユビキタスへの統合セキュリティシステムの導入はその成果といえます。

【本システムの導入の背景】
金融機関にとってセキュリティに関わる法令対策は重要な課題となっています。そのため、物理的なセキュリティ機器と、情報セキュリティシステムによる統合セキュリティシステムの需要が高まっています。
クレディセゾンが10月より運用を開始する予定の関西ユビキタスでは、SSFC仕様のICカード社員証で動作する入退室ゲートや監視カメラなどの物理的なセキュリティ機器と、情報セキュリティシステムの統合により、入館から退館までのほとんどの行為を監視・制御します。さらに、各種ログを取得し、統合・分析する事で、セキュリティポリシー違反につながる事象を把握することができ、適切なセキュリティPDCAサイクルの運用を可能にします。今回、IWI とDNPが提供する本システムは、クレディセゾンが志向するセキュリティ運用と合致しており、金融機関における統合セキュリティシステムのモデルケースとなります。

【本システムの概要と両社の役割】
IWIは、強固で可用性の高い情報漏洩対策用のセキュリティソフトウエア『CWAT®(シーワット)』、統合ログ管理ソフトウェア『LogAuditor®(ログオーディター)』の提供と、それらに伴うハードウェアとシステム開発、ICカードに対応したパソコン向けセキュリティソフトウエア『Endpoint Saver®(エンドポイントセーバー)』を提供します。
DNPは、SSFC仕様のICカード社員証、入退室ゲート、監視カメラ、食堂決済システムなどの各種セキュリティ機器と、IDカード統合管理システムを提供します。

【納入機器とソフトウェアの詳細】
・『Endpoint Saver®』(IWI)
『Endpoint Saver®』は、DNPが開発したWindows®常駐型デスクトップセキュリティソフトウェアです。SSFC仕様のICカードへ対応しており、パソコンの起動制御などを行います。また、社員番号やパソコンへのログイン時間、スクリーンロック開始/終了時間、ログオフ時間などを『CWAT®』に、伝達する機能も備えています。

・『CWAT®』(IWI)
PC端末操作とネットワークの両方を監視・制御し、企業内部からの情報漏洩を未然に防止することを可能とした内部情報漏洩対策ソフトウェアです。また、監査証跡として、PC端末やネットワーク上で検知された警告情報のログ(警告ログ)とPC端末やネットワーク上で実行された操作のログ(監査ログ)を蓄積することで、セキュリティ監査・内部統制対策としても有効です。150を超える金融機関に採用され、高いシェアと信頼を獲得しています。

・『LogAuditor®』(IWI)
『LogAuditor®』は、三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社が、同社の高速データ処理技術を駆使して開発した、大量ログの効率的な管理と分析レポートの作成により、内部統制の継続的な運用を支援する統合ログ管理ソフトウェアです。

・SSFC仕様のICカード社員証およびセキュリティ機器(DNP)
ICカード社員証、入退室ゲート、監視カメラ、食堂決済システム、およびカード発行システムなどを提供します。

・「ID統合管理システム」(DNP)
人事異動時やカード紛失、パート/派遣社員の退職時などには、最新の社員情報をもとにした利用制限などの関連情報を、各SSFC機器に関連情報を伝達するID統合管理システムを提供します。

【今後の展開】
IWIとDNPは、今後も、さまざまな企業に向けて、統合セキュリティシステムの導入を共同で推進していきます。

(*)SSFCについて
より高度なセキュリティシステムを、より便利に使いたいという要望に応えるために開発された、非接触ICカードのデータフォーマットを特定のアライアンスメンバー間で共有する仕組み。さまざまな機器や設備を、SSFCに対応させることで、オフィスのセキュリティレベルを向上させ、かつ1枚のIC カードでより簡単に、便利に運用することができる。

-以上-

≪商標・著作権について≫
CWATは株式会社インテリジェント ウェイブの日本国またはその他の国における商標または登録商標です。Endpoint Saverは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
LogAuditorは三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社の登録商標です。
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
記載の会社名および商品名、ウェブサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。
その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

≪報道関係者お問い合わせ先≫
株式会社インテリジェント ウェイブ 営業本部 営業企画部
TEL03-6222-7151 E-mail:cwat_pr@iwi.co.jp URL:http://www.iwi.co.jp/
大日本印刷株式会社 広報室
TEL:03-5225-8225 FAX:03-5225-8239

≪その他のお問い合わせ先≫
株式会社インテリジェント ウェイブ 営業本部 営業企画部
TEL03-6222-7151 E-mail:cwat_pr@iwi.co.jp URL:http://www.iwi.co.jp/

※添付資料:統合セキュリティシステム システム概要図

 
日付タイトル種類容量ダウンロード
2008/06/23 インテリジェント ウェイブと大日本印刷 クレディセゾン関西ユビキタス向けに統合セキュリティシステムを開発 -物理的なセキュリティと情報セキュリティの融合を実現- pdfPDF 298.24KB ダウンロード
Microsoft、Windows、及びInternet Explorerは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
CWATは、株式会社インテリジェント ウェイブの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。

Topへ戻る